美晴が丘のホームページにもどる
アクセスマップ

社会福祉法人 孝寿福祉会
総合福祉施設 美晴ヶ丘
〒878-0402 
大分県竹田市直入町大字長湯9067-4
TEL 0974-75-3333 
FAX 0974-75-3060

このブログの読者になる

みげにちさま 2017

2017.10.04

22195490_1910274035901161_1588509845232633348_n.jpg22154681_1910273879234510_9091865050212041323_n.jpg

美晴が丘の中秋の名月は毎年恒例行事です。

地元では「みげにちさま」と呼ぶ文化があります。

今年は例年より1か月ほど遅い10月4日。加えて月の出は16:41ですから、いつも通りの時間では、すでに月が昇りあがっていました。

美晴が丘では、サツマイモ、サトイモ、ブドウ、アケビ、ポポー(アケビガキ)、カキなどの秋の味覚のを。地域では秋の七草など季節の花もお供えします。

農業をされている人にとっては土地の豊作に感謝する大切な瞬間です。
直入町では農家をされてきた方がほとんどであり、美晴が丘のご入居者の方にとっても昔懐かしの文化なのです。

今夜は感謝の夜です。

ページトップへ戻る

美晴が丘の秋祭り ご協力ありがとうございました

2017.10.01

高原の風と青い空、程よい曇りと恵まれた天候の下、「第8回美晴が丘の秋祭り」を開催しました。

今年は、ご利用者のご負担を考慮し13時30分から、16時半まで、テンポよく開催されました。

秋の行事、収穫等お忙しい中、お越しくださいました、ご来賓の皆様方、ありがとうございました。
首藤市長の「ふるさと」の歌声で幕を開け、日小田市議会議長に祝辞をいただき、土居県議の「千秋楽」の謡で締められました。

特養、ショートステイ、サ高住「美空の家」ご利用者とご家族御親族、地域の皆様方、直入の子供たち、配食サービスや在宅訪問サービスご利用者、400余名の方々の笑顔の花が咲きました。

今年で、17年間30回以上の出演をいただいている「原川ミュージック楽座」様「二又天祖神楽座」様
IMG_1237.JPG 「アロハ・ハーラウ・マナ」様が美しい華をそえ、

「直入伝統芸能保存会」の皆様と共に長湯音頭・竹田踊りの輪が広がりました。

今年も100歳の入居者の方が、共に手踊りで参加して下さいました。

IMG_1240.JPG 今年も、大分大学、大分県立芸術短期大学の学生

皆さん、大分銀行、大分県信用組合行員の皆さん、昨年より結成した美晴が丘施設ボランテイア他

60余名の皆様の支えをいただき、無事運営することができました。

IMG_1239.JPG ご家族様と地域有志のボランテイア青い法被の

「ひばり会」の皆様も、会場設営から駐車場と会場の送迎をして下さり、大変お世話になりました。

さらに、第8回美晴が丘の秋祭りに ご協力・ご協賛いただいた皆様方、誠にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

写真等できましたら、随時、ブログも更新してまいりますので お楽しみに!

最後になりましたが、

24時間365日ケアの襷を繋ぎながら、この祭りを準備し、成功させた「社会福祉法人孝寿福祉会

美晴が丘 荻の苑」職員の皆に感謝し、職員を支えてくださった家族の皆様に心から感謝します。

ありがとうございました


ページトップへ戻る

美晴が丘の秋祭り 10月1日日曜日 日々好日

2017.10.01

美晴が丘の秋祭り、晴天、気候も良く、皆様のお越しをお待ちしています。

IMG_1229.JPG 受付の様子

IMG_1228.JPG ご家族と地域有志の「ひばり会」の皆様と会場設営

IMG_1227.JPG 今年の食事コーナーはご家族企業様にお任せ

IMG_1225.JPG 荻の苑、美空の家、応援があり売店、ゲーム準備

IMG_1224.JPG 玄関の、大学、芸短、社会人ボランテイア受付

IMG_1220.JPG 「陽子の店」で販売する手作りお菓子を準備中

IMG_1221.JPG 「ゆとり笑顔支え合い」

今日の秋祭りを楽しみながら準備する、職員は社旗福祉法人 孝寿福祉会 地域の宝です

ページトップへ戻る

美晴が丘の秋祭り準備

2017.09.29

IMG_1786.JPG


10月1日日曜日は美晴が丘の秋祭りです。

施設内に作品展示ブースを設けております。

現場から離れ、準備を行うのは元気な若手職員たちです。

IMG_1790.JPG

当日は皆さんのご来場をお待ちしています。

IMG_1789.JPG

ページトップへ戻る

めじろんクラブ

2017.09.12


毎月第2火曜日は運動などの活動を中心としたクラブ【めじろんクラブ】の日です。

特養ご入居者だけでなく、併設のサ高住にお住いの方々も参加できます。

大分県で取り組んでいるめじろん体操を中心に、風船バレーやカラオケなどを一時間かけて行います。


DSCF6058.JPGDSCF6004.JPG


ページトップへ戻る

ボランティアの方々

2017.09.11

美晴が丘には定期的にボランティアの方が来設し、寄付していただいた衣服に名前を書く欄をつくって下さっています。

職員の手の届かないところをカバーして下さり、いつもありがとうございます。

ボランティアの方々は日頃からいくつもの団体に所属し、地域の為に活動されています。



IMG_1744.JPG 

IMG_1743.JPG

人口減少、少子化、高齢化の進む中、直入町にある地域の力は、美晴が丘にとってとても心強いものです。
逆に、直入町にとって美晴が丘はどうあるべきか、どうするべきか、考えさせられます。

「社会福祉法人として」や「介護施設として」という位置づけは確かに必要であり、大切かもしれません。

しかし、もともとは、組織も地域も、人の集合体であり、小さいつながりから人と人が助け合い、協力し合うことを自然とやっていけるようにしたいものです。

人を支え、支えられ、人の役に立ち、人と活きることこそ、福祉の本質ではないかと思います。
                                                   

ページトップへ戻る

未来の力

2017.09.08




IMG_1739.JPG 

本日美晴が丘にかわいい作品の寄付がありました。
地域に住む女の子が、一人で施設にもってきてくれたのです。

おそらく手作りでしょうが、かなり完成度が高く、しかもファミリー勢ぞろいという豪華な作品です。


自分の持てる力を発揮して、それを人の為に使う。将来、そんなことを当たり前のようにしてくれる子どもたちが増えてくれると嬉しいですね。
ありがとうございました!

ページトップへ戻る

スイカ割で誕生日のお祝い

2017.08.31

DSC_8073.JPGDSC_8009.JPGDSC_7990.JPG

8月の合同誕生日会、従来型ご利用者5名とショートステイご利用者1名、職員6名が対象者でした。


ご利用者の皆さんと職員が従来型の食堂に集まり8月生まれのご利用者がスイカ割をしてみんなでお祝いをしました。




ページトップへ戻る
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11